新海正彦プロフィール

覚技ワークスからアウェアネスアート®研究所へ

身体感覚~音楽~アート

 ’90年のネルソン・マンデラ来日歓迎会では、

マンデラ氏本人からパーカッション・ユニットの演奏を称賛される。

 

音楽制作(キャノン CM音楽など)のほか、天河神社立柱式典での奉納演奏、

キム・ドクス・サムルノリ(※1 韓国の伝統的打楽器演奏集団)との共演など、

ユニークな演奏活動の経験を持つ。

 

※1 キム・ドクス・サムルノリ:韓国を代表する打楽器・演奏家ユニット。

韓国伝統芸術の世界化に貢献。“神がかりの音”とも評され、国内外に

熱狂的なファンを持つ。2002年サッカーW杯では音楽団長として活躍。

 

10代から常に壁に囲まれているような閉塞感を感じる日々を過ごし、

エンカウンターグループなどの心理療法に参加。自分の精神活動や

心の仕組みについて取り組み始める。

 

20歳より身体性に興味を持ち、野口整体を学び、また竹内演劇訓練所で

演劇のほか、野口体操などからだの動きについて学ぶ。

同時期、太極拳を修得。‘79年より太極拳教室をもつに至る。

その後、からだの中心軸を大切にする日本の武術に出会い修練を続ける。

 

’84年に来日したエヴァ・ライヒ氏(フロイトの直弟子ライヒの実娘)との出会いをきっかけに

心理療法を学び始める。また心理学の勉強上、シャーマニズム、神秘主義、

秘教的伝統、古神道など、ルーツ的体系についての造詣も深め、インド、

エジプト、中東、アメリカ、北極圏、ヨーロッパなど各地へ足を運ぶ。

 

’98年のラコタ族・ケビン・ロック氏との共演で触発され、

音は身体と心に深い関係があることを痛切。

それを探求するワークショップ、「サイレント・サウンド・クエスト」を開催。

 

またラフォーレアート展、よみうりランドでのライブコンサートなど、

イベントのディレクションを手がけ始める。

 

 

吉福伸逸氏との出会い~アウェアネスアート

こころと体の関係についてもっとも強く影響を受けたのは

トランスパーソナル心理学を日本に紹介したセラピストの吉福伸逸氏(※2)。

氏の人としての在り方に感銘を受け、’04年から’12年まで同氏より

セラピストとしての指導を受け、アシスタントを経験する。

 

氏からの学びをベースにして、ボディワーク、武術、心理療法、シャーマニズム、

音楽のエッセンスを【覚技】としてまとめ、さまざまなテーマでワークショップを開催。

 

※【テーマの一例】

「気づきのウォーキング」「ダブルアテンション」「サウンドボディ」「シャーマニズム」

「巡礼のように歩く」「楽しい休業のススメ」「ぶれない自然体」「天空の音楽~ドラム瞑想」

 

また、吉福伸逸さんのワークショップを継承すべく2013年より

弟子3人で「体験的グループセラピー」を毎年開催する。

 

共著に【吉福伸逸の言葉】(向後善之+ウォン・ウィンツアン+新倉佳久子+新海正彦)

コスモスライブラリーより2015年4月30日発刊。

 

2015年、より本質的な方向性を探究すべく、名称をアウェアネスアート®研究所と変更。

 

1953年東京月島生まれ。横須賀在住。

 

※2吉福伸逸:著述、翻訳家。セラピスト。

1970年から日本に初めて、トランスパーソナル心理学、ニューサイエンスなどの

分野を体系的に紹介。著作も含めて百数十冊に及ぶ翻訳、著作活動をおこなう。

日本の心理学、セラピー、精神世界、思想の分野に多大な影響を及ぼした。

2013年永眠。

 

アウェアネスアー®研究所 主宰 (株)アクロアシス代表取締役